神戸フィルムオフィス設立経緯

神戸は多様な景観がコンパクトに集まり、空港、鉄道など交通アクセスも非常によい環境にあり、撮影に適した条件が揃っています。このような優位性を活用し、映像プロジェクトを神戸に誘致することは、神戸に多くの方々にきていただくとともに神戸のまちが国内外にPRされることによる観光集客力の強化につながり、また、将来的には映像関連産業の集積も期待され、今後の神戸経済の活性化に大きく寄与するものです。

そこで、神戸のまちで映像ロケが頻繁に行われるようにするため、映像プロジェクトの神戸への誘致活動やロケーション撮影に対するワンストップサービスなどを行う「神戸フィルムオフィス」を、AFCIの日本第1号の正式会員に認定されたのを機に、2000年9月13日に開設しました。

神戸フィルムオフィスの組織

(一財)神戸国際観光コンベンション協会を事務局とし、神戸市経済観光局観光コンベンション課からなるプロジェクトチームを結成し、兵庫県警など関係機関の協力をいただきながら活動しています。

神戸フィルムオフィス

(2000年9月13日神戸フィルムオフィス事務局開設) 代表:松下麻理

(一財)神戸国際観光コンベンション協会 (事務局) 神戸市 経済観光局 観光コンベンション課
TEL:(078)303-2021
FAX:(078)302-2946
E-mail:film@kcva.or.jp
URL:http://www.kobefilm.jp
〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-9-1
TEL:(078)322-5339
FAX:(078)322-6138
E-mail:kobe_tourism@office.city.kobe.lg.jp
〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1

神戸フィルムオフィスの提供サービス

  1. 道路・公園などの公共施設や民間施設などの撮影使用許可手続きの簡便化
  2. 撮影ポイントの紹介など神戸のロケーションに関する各種相談
  3. ロケーション・ハンティングのセッティング
  4. 映像製作に関する各種関連業者や神戸滞在に必要な宿泊施設などの紹介斡旋
  5. KFOS(神戸フィルムオフィスサポーター)登録制度のもと、市民エキストラを紹介 など

神戸フィルムオフィス ロケーション・ハンティング助成制度

具体的な映像の企画(商業映画・テレビドラマに限定)をもって、ロケーション・ハンティングのために神戸を訪れる国内外の映像製作プロジェクトに対して、ロケーション・ハンティング費用の一部を助成します。

神戸は日本における映画発祥の地です。多くの外国文化が世界的な貿易港である神戸港を通じて日本に紹介されましたが、映画もその一つ。その伝統ある文化を継承し、さらに、21世紀の新しい映像文化を神戸から発信したい。そんな思いで、私たちは、2000年9月に神戸フィルムオフィスを設立しました。

神戸はロケーション地の宝庫。人口約154万人という大都市であると同時に、海、山、温泉、田園などの自然にも恵まれています。その表情は様々で、みなさんが求めているロケーションが必ず見つかることと思います。また、国際フィルムコミッショナーズ協会に日本初の正式会員として認定された当オフィスが提供している支援活動に対しても、神戸で撮影していただいた国内外の数多くの映像制作プロジェクトから高い評価を得ております。

神戸の豊富なロケーションを知っていただき、神戸を撮影候補地として考えていただくために、このホームページで、少しでも神戸に関心を持っていただければ幸いです。どうぞお気軽にお問合せください。心よりお待ちしております。

神戸フィルムオフィス スタッフ一同