KOBE FILM OFFICE
KOBE FILM OFFICE
20th Anniversary

神戸フィルムオフィスは 2020年9月13日で設立20周年を迎えます

KOBE FILM OFFICE
20th Anniversary 20th Anniversary

20th Anniversary 神戸フィルムオフィス -KOBE FILM OFFICE- 20th Anniversary 神戸フィルムオフィス -KOBE FILM OFFICE-

神戸フィルムオフィスは2020年9月13日に設立20周年を迎えます。 神戸フィルムオフィスは2020年9月13日に設立20周年を迎えます。

神戸フィルムオフィスは、2000年に設立されました。
阪神・淡路大震災から5年後の設立には、復興した神戸の街の姿を世界中の人に見ていただきたい、そして、映像の力で神戸の街を元気にしたいという思いがありました。

海・山・都会・農村・温泉…いろいろな風景がコンパクトにまとまっている神戸。
「街全体がオープンセット」を合言葉に、私たちは数々の映像作品を誘致し、その数は3000本を超えました。

KOBE FILM OFFICE

たくさんの市民の皆さまのご協力とともに歩んできた20年。これからの20年も素晴らしい作品が神戸で生まれるよう、歩みを進めて行きたいと思っています。

いくつかの20周年の企画をお楽しみいただけましたら幸いです。

神戸フィルムオフィス
スタッフ一同

KOBE FILM OFFICE

神戸フィルムオフィス 20周年記念上映会

鑑賞料 各作品一律¥500
(前売券はありません)

ご来場の皆さま全員に
20周年記念オリジナル
「シネマノート」進呈!

  • 繕い裁つ人

    9月6日(日)
    上映 14:30~※上映終了後、三島有紀子監督による
    トークセッションあり
    17:15終了予定

    繕い裁つ人

    神戸のしっとりとした風景を背景に、"ものづくり"をテーマに人々のつながりとそれにかける思いを、繊細に描き出す。頑固な洋裁店主を中谷美紀が好演。
    監督:三島有紀子 
    出演:中谷美紀、三浦貴広、黒木華 ほか

    2015年製作/104分/G/日本
    配給:ギャガ ©2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会

    会場
    神戸アートビレッジセンター
    当日券のみ
    ゲスト
    三島有紀子監督
    三島有紀子監督

    三島有紀子監督

  • オオカミ少女と黒王子

    廣木隆一監督 特別メッセージ 9月12日(土)
    上映 14:30~※上映前に廣木隆一監督より特別メッセージあり

    オオカミ少女と黒王子

    ドSで腹グロ王子の高校生(山崎賢人)と彼の偽の恋人(二階堂ふみ)が織りなすアオハル学園映画。彼らの研修旅行先が神戸という設定で、南京町やビーナスブリッジなど、キラキラした神戸が登場。
    監督:廣木隆一 
    出演:山崎賢人、二階堂ふみ、吉沢亮 ほか

    2016年製作/116分/G/日本
    配給:ワーナー・ブラザース映画 ©八田鮎子/集英社 ©2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

    会場
    OSシネマズ
    神戸ハーバーランド

    3日前より劇場サイトで予約可
  • リターナー

    9月13日(日)
    上映 14:00~※上映後、山崎貴監督と田中まこ前代表との
    トークセッションあり
    16:50終了予定

    リターナー

    裏稼業リターナーの男(金城武)と人類を危機から救うために未来からやって来た少女(杏)が手を組み、繰り広げる戦いを描く。ポートアイランドの岸壁での船とヘリの大アクションシーンは必見!
    監督:山崎貴 
    出演:金城武、鈴木杏、樹木希林 ほか

    2002年製作/116分/日本
    配給:東宝 ©2002 「リターナー」フィルムパートナーズ

    会場
    OSシネマズミント神戸
    3日前より劇場サイトで予約可
    ゲスト
    山崎貴監督
    山崎貴監督

    山崎貴監督

  • わが母の記

    9月19日(土)
    上映 13:15~※上映前に原田眞人監督より
    特別メッセージあり

    わが母の記

    原作は小説家、井上靖の自伝的小説。ある疑念にまつわる母親(樹木希林)と息子(役所広司)の8年間の想いを描く。第4突堤に停泊中の日本丸で撮影を敢行。
    監督:原田眞人 
    出演:役所広司、樹木希林、宮﨑あおい ほか

    2012年製作/118分/G/日本
    配給:松竹 ©2012「わが母の記」製作委員会

    会場
    神戸国際松竹

    【チケット発売日】

    劇場WEBサイトでの販売
    上映2日前から

    ※午前2:00~6:00はご購入いただけません。

    劇場窓口
    上映前日、劇場オープン時~

    ※劇場オープン時に空席のあった場合のみ窓口にて販売致します。

  • 阪急電車 片道15分の奇跡

    9月20日(日)
    上映 10:25~※上映前に三宅喜重監督より特別メッセージあり

    阪急電車 片道15分の奇跡

    阪急電車今津線の15分間の出来事を丁寧に描く。劇中のカフェや登場人物がデートするシーンは神戸で撮影された。神戸を含む阪神間出身の俳優たちの競演も見どころの一つ。
    監督:三宅喜重 
    出演:中谷美紀、戸田恵梨香、有村架純 ほか

    2011年製作/119分/G/日本
    配給:東宝 ©2011 「阪急電車」製作委員会

    会場
    パルシネマしんこうえん
    当日券のみ
  • ゲノムハザード ある天才科学者の5日間

    9月21日(月・祝)
    上映 15:05〜※上映前にキム・ソンス監督より
    特別メッセージあり

    ゲノムハザード
    ある天才科学者の5日間

    「記憶」というテーマで命を狙われる男性(西島秀俊)と彼を助ける女性(キム・ヒョジン)の物語。西島秀俊が自ら体を張った旧居留地や栄町、HAT神戸でのアクションシーンが満載。日韓合作映画。
    監督:キム・ソンス 
    出演:西島秀俊、キム・ヒョジン、真木よう子 ほか

    2013年製作/120分/G/韓国・日本合作
    原題:Genome Hazard

    会場
    109シネマズHAT神戸

    【チケット発売日】

    劇場WEBサイトでの販売
    9月17日(木)夜24時~ (18日 0時~)
    劇場窓口
    9月18日(金)AM10時~

    ※インターネット販売で完売した場合、劇場窓口での販売はございません。予めご了承ください。

  • 紙の月

    9月22日(火・祝)
    上映 14:00~※上映終了後、吉田大八監督と
    神戸フィルムオフィススタッフによる
    トークセッションあり
    16:50終了予定

    紙の月

    銀行員となった主婦(宮沢りえ)が、ある年下の男性(池松壮亮)と出会ったことで徐々に巨額の横領に手を染めていく様を描く。二人の出会いのシーンを神戸市営地下鉄山手線・長田駅で、その他名谷駅などいくつかの駅で主要なシーンを撮影。
    監督:吉田大八 
    出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子 ほか

    2014年製作/126分/PG12/日本
    配給:松竹 ©2014「紙の月」製作委員会

    会場
    シネリーブル神戸
    ゲスト
    吉田大八監督
    (オンライン)
    吉田大八監督

    吉田大八監督

    【チケット発売日】

    劇場WEBサイトでの販売
    9月20日(日)24時~ (21日 夜0時~)
    劇場窓口
    9月20日(日)劇場OPEN時~

    ※インターネット販売で完売した場合、劇場窓口での販売はございません。予めご了承ください。

  • GO

    9月26日(土)
    上映 14:10~※上映終了後、行定勲監督と田中まこ前代表による
    トークセッションあり
    17:10終了予定

    GO

    在日韓国人の高校生(窪塚洋介)が、偏見や差別を乗り越え、日本人の女の子(柴咲コウ)と結ばれるまでの経緯を描いた青春ラブ・ストーリー。脚本は宮藤官九郎。彼らの地下鉄でのチキンレースシーンは、神戸市営地下鉄山手線・上沢駅で撮影。日本で初めて線路上での撮影を実施。
    監督:行定勲 
    出演:窪塚洋介、柴咲コウ、山崎努 ほか

    2001年製作/122分/日本
    配給:東映 ©2001「GO」製作委員会

    会場
    元町映画館
    当日券のみ
    ゲスト
    行定勲監督
    行定勲監督

    行定勲監督

    • ご来場の際は、事前に各映画館の新型コロナウィルス感染症対策のページをご確認いただきますようよろしくお願いします。
    • 新型コロナウィルス感染症対策での社会的状況やその他の諸事情により、上映予定作品や登壇ゲストの変更などが生じる場合があります。ご了承ください。
      なお、変更があった場合は随時、神戸フィルムオフィスの公式HPやSNS等でお知らせいたします。
    • チケットの発券方法は、各劇場の通常方法に準じます。

DIGITAL BOOK DIGITAL BOOK

DIGITAL BOOK DIGITAL BOOK

神戸フィルムオフィス20周年記念誌

この20年間の活動を、
さまざまな角度からご紹介しています!
主なコンテンツは次のとおりです

  • 水谷豊監督(『轢き逃げ-最高の最悪な日-』)、山崎貴監督(『寄生獣』、『アルキメデスの大戦』)への独占インタビュー
  • 撮影関係者や撮影に関わってくださったまちの方々の声
  • ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」の現場レポート
  • 神戸出身の映画ジャーナリスト、金原由佳さんの書きおろしエッセイ
  • 神戸在住のロック漫筆家、安原謙一さんによる書下ろしエッセイ
  • 神戸フィルムオフィスの活動紹介

「神戸で撮影するということ」について、
盛りだくさんでお届けします!

READ MORE

HISTORY HISTORY

HISTORY

2000年に開設された「神戸フィルムオフィス」の20年に渡る歴史を、撮影に携わった数々の作品とともに振り返ります。

READ MORE
HISTORY